読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の経験値

主に映画の話。70〜80年代の映画やカルチャーを懐かしむことが多いかも。

リンクレイター監督の最新作は80年代の青春映画!

トシ取ると、昔を懐かしむくらいしか楽しみが無いみたいw

またまた80年代が舞台の青春映画の新作が!
しかも監督が『スクール・オブ・ロック』のリチャード・リンクレイターとくれば、もう面白さは保証されたも同然。

http://everybodywantssome.jp/images/story_img1.png

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』

予告見る限りでは間違いなく面白そう。


11月公開『エブリバディ・ウォンツ・サム‼ 世界はボクらの手の中に』予告編

 

もちろん音楽も最高!

cinefil.tokyo

上の記事内にあるようにサントラも発売されるようです。
間違いなくぜんぶ泣けるw

<収録曲>
1.マイ・シャローナ / ザ・ナック
2.ハート・オブ・グラス / ブロンディ
3.テイク・ユア・タイム / S.O.S.バンド
4.ハートブレイカー / パット・ベネター
5.オルタナティヴ・アルスター / スティッフ・リトル・フィンガーズ
6.エヴリワンズ・ア・ウィナー / ホット・チョコレート
7.エヴリバディ / ヴァン・ヘイレン
8.レッツ・ゲット・シリアス / ジャーメイン・ジャクソン
9.ビコーズ・ザ・ナイト / パティ・スミス
10.甘い罠 / チープ・トリック
11.ホウィップ・イット / ディーヴォ
12.ロミオの歌 / スティーヴ・フォーバート
13.グッド・タイムズ・ロール / カーズ
14.ラッパーズ・ディライト / シュガーヒル・ギャング 

 

 

リンクレイター監督といえば、最近では『6才のボクが、大人になるまで。』や『ビフォア』シリーズのような途方も無い時間をかけて作る監督というイメージがあるけど、『スキャナー・ダークリー』という特殊なアニメ技法(ロトスコープ)を使ったダークでラリった映画を観た時は、まさかあのスクール・オブ・ロックと同じ監督だとは夢にも思わなかった。全然毛色の違う映画を撮る掴みどころのない監督、というイメージ。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200702/04/18/e0098018_123685.jpg

キアヌさんがずっとラリってる映画です(スキャナー・ダークリー

 

フィルモグラフィーを見ると、結構まだ見てない映画がいっぱいあるなあ…。

とりあえず『バッド・チューニング』と『がんばれ!ベアーズ ニューシーズン』は早めに観ておきたいかも。

 

あ!今確かめたら『『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』の公開予定劇場に地元の映画館が無い!マジかー!F◯CK!

 

 -----------

エブリバディ・ウォンツ・サム! !  世界はボクらの手の中に

エブリバディ・ウォンツ・サム! ! 世界はボクらの手の中に

 

 サントラは11月発売。カセットテープのジャケットがイイね。

 

スキャナー・ダークリー [Blu-ray]

スキャナー・ダークリー [Blu-ray]

 

 キアヌと愉快な仲間たち(ロバートダウニーJrやウィノナ・ライダーウディ・ハレルソンも出てる!)

  

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

これぞロックスピリット!最高!

 

 なっがーい映画だけどホント面白い。オススメ。主役の子がスカーレット・ヨハンソンに似てるw

 

 「がんばれベアーズは絶対オリジナルが面白いに決まってる!リメイク?無い無い」って思って完全スルーしてたけど、まさかのリンクレイター監督とは…ちょっと観てみたいw