今日の経験値

主に映画の話。70〜80年代の映画やカルチャーを懐かしむことが多いかも。

ジム・ジャームッシュの呪縛から少し解けた/パターソン

呪縛というのは大げさですね。勝手に自分で自分を縛ってただけなんですけどねw

ジム・ジャームッシュ監督といえば、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』。あと『ダウン・バイ・ロー』。そのタイトル名や監督名を聞くと、今でも少し凍りつきます。


ストレンジャー・ザン・パラダイス 日本版劇場用予告篇

公開当時、ちょうど思春期で意気がっていたアホな若者のひとりであった私は、当然飛びつきました。だって「カッコいい」映画だったから。まあ、ファッションとか流行りとかそんな感じです。
信じられないことに、当時、都会の一部の人たちだけがこの映画を囃し立ててたわけじゃなく、地方のド田舎でもこぞって「カッコいい」と評判になったんです。少なくても私の周りでは。こんなわかりにくい映画がですよw
熱狂的にハマるやつもいて、当然ファッションやスタイルを真似るヤツまで現れました。監督のジム・ジャームッシュもパンクスみたいな風貌でカッコよかったですしねジェームズ・コバーンに似てるとも思いましたがw)

そして、当時オシャレで最先端なこの映画が「わからない」とはとても言えない空気が蔓延してました。当然自分もよくわかってないくせに「カッコいい」を連発してました。今思うと凄く恥ずかしい、あの頃の黒歴史をどうしても思い出してしまうんです。

今の時代、映画観るのにこんなバカみたいな見栄はもう無いと思うし、何それ?って思うかもしれませんが、あの頃はそういう空気が割とあったんです。いや私の周りだけだったのかもしれませんが(笑)

ジム・ジャームッシュはあれから定期的にずーっと映画を作ってますが、永瀬正敏工藤夕貴(割と好きだった)が出演した『ミステリー・トレイン』を最後に、ずっと監督の映画は観てません。黒歴史を思い出したくなかったから。
こんな過去の恥ずかしい思い出をブログに書けるようになったのは、成長したんでしょうかね、自分w

www.youtube.com

去年、『パターソン』がネットでも高評価だったので気になってました。
でもやっぱりちょっと抵抗があって少し避け気味だったんですが、DVDレンタルもされ時間もだいぶ経ったし、こそっと借りてみました。

ストーリーらしいストーリは無く、パターソンに住むパターソンさんの月曜から日曜までの一週間を淡々と見せていくという映画。まあ、相変わらずわかりやすいエンタメ映画ではないですし、淡々とした眠くなる映画なのは変わらないなあという印象ですが、やっぱり映像がカッコよくてオシャレでした。

オシャレというのはちょっと違うか。計算されたアートのような画面で、ウェス・アンダーソンと同じようなこだわりがひしひしと感じられますよね。

昔との一番の違いは、とんがった雰囲気がまるで無くなってたとこ。ジム・ジャームッシュ監督もトシ取って丸くなったんでしょうか。もうひとつ意外だったのは、クスっと笑えてほんわかした気持ちになれる映画だったこと。もう、昔の作品の内容はほとんど憶えてないですが、こんな笑い要素あったっけ?

それにしてもアダム・ドライバーがほんといい味出してますよね。
こういう人に私はなりたい。
流行を追い、なんでも中途半端にかじっては捨て、奥さんとはしょっちゅうケンカする自分からすると、こんな人に憧れすらあります。毎日を淡々と好きな詩を書いて満足する。仙人みたいな人。

どちらかというと奥さん?恋人?のローラのちょっと痛い感じを自分に重ね合わせていたたまれなくなったりしましたw
ローラは毎日部屋の模様替えや壁のペイントをしてて、しかも草間彌生のようなパターン好きとくるもんだから、最初、ローラは心に傷を追って社会に出られなくなった悲しい人なのかと思ったくらいでした。

そんなローラを本当にやさしく包み込むパターソンですが、後半ある大ショックな出来事に見舞われます。この映画で一番大きな出来事かも(でもクスッと笑えるんですが)。
そんな中にあっても、やっぱり彼は人やモノに当たり散らすこともなく、感情的になることもなく、また希望を見いだします。仙人か。
私の中にこんなアメリカ人は存在しませんw 感情を出し、ぶつけ合い、それで相手を知り尊重するというのがアメリカ流だと思ってたので。
まるで日本人のようなストイックさだなあと思ったのですが、ここで永瀬正敏の登場です。いやー、ミステリートレインを思い出してちょっとグッと来ましたよ。
そういえばジム・ジャームッシュ小津安二郎東京物語が好きだったり、パターソンも日本的な感覚を取り入れているのかもしれませんね。

 

少しだけ、ジム・ジャームッシュの呪縛から解けそうなので、過去作も(気力があったら)観てみようかと思いました。観てよかったパターソン。

ーーーーー

余談 
ストレンジャー・ザン・パラダイスで知ったスクリーミン・ジェイ・ホーキンス。
もうお亡くなりになってしまいましたが、横浜の小さなクラブで生ライブを観に行った事があります。棺おけ芸に大爆笑しましたが、高齢なのにメチャパワフルでカッコよかったです。劇中に使われている「I Put Spell on You」はたくさんのアーティストがカバーしてますよね。
Constipation Blues(便秘ブルース)なんてとんでもない曲もありますw 最後まで聞くと爆笑できますので興味ある方は探してみて下さい。

Best of

Best of

 

 こんな芸風の人です。もしかしたらこの人に呪われてたのかもw

www.youtube.com

ーーーーー

 

 

甘いルックだけど実は超面倒くさいやつ?ウェス・アンダーソン作品。

私、これまでウェスと言われたらクレイブンでしたがw、1ヶ月ほど前に『犬ヶ島』を観てからというもの、ウェスと言えばアンダーソンになってしまいました。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0e/Wes_Anderson_at_the_2018_Berlin_Film_Festival.jpg

ウェス・アンダーソン - Wikipedia

犬ヶ島「スゲー良かった!最高!」と言うほどのテンションではないのですが、細部にいたるセンスの良さや独特の世界観が妙に頭に残っちゃいまして。

それに「シネマ一刀両断」でいつもやさしく解説してくれるふかづめさんから、ウェスなら『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』がイイっすよ、というお薦めももらったし、これは観るしかないかなと。

ただ「今度観てみますー」なんて調子よく返事してからすいぶん時間が経ってて、そろそろ「お前実は全然観る気ないだろ!」と突っ込まれるんじゃないかと日に日に不安が大きくなってきたのでw、「だったらいっそ過去作全部観てやろうじゃないか」と何をトチ狂ったのか、TSUTAYAやネット配信で探しまくり、短期集中で6本観ました。いやー疲れました(笑)

これまで観たウェス作品は『ファンタスティックMr.FOX』と『犬ヶ島』だけでしたが、今回『アンソニーのハッピー・モーテル』以外は全部観ました(監督作品のみ)。

疲れたついでに、せっかくだし駄文な感想でも書いてみることにしましたが、一応最初に言っときます。

ウェス監督の映画、感想書くの難しいですw。

でも「感想なら好きにギャンギャン書いとけばいい」って励ましの言葉ももらってるので、気にせずギャンギャンしてみます。

あと、もひとつ言っておくと、そんなに好きじゃないかもです(笑)。

強いて例えると、彼女にはしたくないけど仲間にいると面白い女友だち、くらいの温度感ですw。じっくり話すと面倒くさくて疲れるんだけど、たまに会うと個性的で面白く刺激もらえるタイプって感じ(まとめて観るべきじゃなかったかなあ…w)

ちなみに、ウェス作品を読み解く力(気力?)は自分は持ちあわせてないので、町山智浩さん、宇多丸さんの解説(YouTubeにあるやつ)も合わせて参考にしました。なるほど、すごく勉強になった!
それを見れば(聞けば)、ここから先は正直読む必要はありませんがw、まあそれ以外の自分なりに感じたことを書いときます。お暇ならどうぞ。

 

ウェス・アンダーソン作品。もちろん好きな部分があるからこそ気になってるんです。どこが、というとやっぱり「センスの良さ」ですかね。これは誰もが認めるところだと思います。抜群のセンスの良さ。

色使い、画面の動かしかた、音楽の入れ方、タイトルやスタッフロールの入れ方、フォント、その他もろもろ。ビジュアルやグラフィックセンスがほんとカッコいいし素晴らしい。「きれいな色、オシャレ、かわいい」部分が受けてるのは間違いないと思いますし、画面が心地よくてウットリします。どこでポーズかけても完璧に美しい画面。

あと、今更説明するまでも無いかもですが、「画面が左右対称」「横移動」「90度回転」「ミニチュア感」の面白さもありますよね。

このこだわりは一体どこから来てるんだろうか?左右対称と言えばキューブリックくらいしか思いつきませんでしたが、町山さんの解説で「PEANUTS(スヌーピー)」だとあって、めちゃくちゃ合点がいきました(ほかにも影響を受けただろう映画言ってたけど忘れたw)

www.youtube.com

なるほど、確かに似てる。色使い、ポップさ、何より横移動。『ムーンライズ・キングダム』なんて世界観もまんま。スヌーピーも出てくるしw

俳優たちも、泣いたり笑ったり叫んだり、身振り手振りの過剰な演技はせずに、表情すらあまり変わらないところもカートゥーンっぽいし、そもそもビル・マーレイを一番好んで使ってるのもそういうことではないのかなとw。

ちょっと話はそれますが、最近のよくできたアニメって、キャラの表情がすごく豊かに描かれてますが(ジブリ細田守アニメの子供だとか、ピクサーのキャラとか)、あれってちょっと苦手なんですよね。表情を押し付けられている感じというか。
昔のマンガやアニメってそこまで表情がないけど(時間や予算の関係なのでしょうけど)、でも見る側の想像力で補完しているじゃないですか。
ウェス監督も同じようにあえて俳優さんに演技を抑えさせて、逆に観客の想像力を利用しているのでは?とちょっと思ったりしました。全然違うかもですがw

 

ミニチュア感ももちろん好き。町山さんも言ってましが「サンダーバード」ですよね。Mr.FOXや犬ヶ島のようなミニチュアアニメは当然ですが、実写映画でもわざわざミニチュアを使って表現してたりするこだわりよう。
ライフ・アクアティック』では8時だよ全員集合のセットのような船の断面セットまんま作ってます。たぶん子供の頃、アリの巣観察やプラモデルのジオラマ作りとか好きだったんじゃないのかなー。
ウェス監督の映画を観ていると、子供の頃にワクワクした気持ちが蘇ってくる楽しさがあります。理屈とかではなく感覚的に。

ふかづめさんが「おもちゃ箱」という表現を使ってましたが、まさに監督の頭の中のおもちゃ箱を映画で見せてもらっている感覚です。
そこを楽しめるのであれば、ウェス映画はどれも好きになれるかもしれません。

ただし!

その甘いルックに騙されそうになるけど、ウェスさんと最後まで付き合うのは非常に面倒くさくて疲れますw。1本観終わったあとに連続して観ようという気がまったく起きないくらい、とにかくどの映画も疲れます。

面倒くさくて疲れる理由は3つあって、「情報量が多い」「盛り上がる展開があんまり無い」「鬱々と悩んでる人が多い」です。たぶん。

老若男女、みんな鬱々と悩んでます。観ててこっちもだんだん辛くなってきます。『ライフ・アクアティック』は途中で観るのやめようかなと思ったくらいだし、『ダージリン急行』でも「この自分探し三兄弟は一体何がしたいんだ!」とイライラしっぱなしw

でも我慢して最後まで付き合うと、何だか知らないけどじんわり良いものを観たな、という気持ちが残るから不思議です。
それは大体が親子の関係だったり、友情であったり、誰もが共感するような人間関係をテーマにして描いているからなんだと思います。面倒くさくてケンカばかりしてるけど、でも心からは嫌いにはなれない身近な人って誰にでもいますよね。

ただ、そこに行き着くまでは、やっぱり面倒くさい。きれいな画面だけじゃ持たないです。

 

そろそろ長文書くのにも疲れてきたので、観た映画はひとこと感想で済ませます。すみませんw
ーーーーー

天才マックスの世界

結構オススメです。あまり途中辛くないですw
主人公マックスを演じるジェイソン・シュワルツマンがとにかく暑苦しくてクドいけど憎めない。特徴的で忘れられない顔つきは、お母さんがタリア・シャイアと聞いて納得!ウェス・アンダーソン映画の原点なんだろうと思われる演劇の舞台装置のこだわりようが最高です。

 

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

ジーン・ハックマンが史上最高にダンディでカッコ良い映画。こんなオシャレで勝手気ままな男になりたい。対象的に子どもたちは大変な傷やトラウマを持って鬱々と生きていてギャップが凄い。

 

ライフ・アクアティック

これは中盤までは結構キツかった。けど後半からはだんだんと盛り上がって、最後はちょっと感動しました。ストップモーションアニメが素晴らしい。

 

ダージリン急行

個人的には一番合わない映画だった。三兄弟とお母さんの関係性が自分の共感ポイントではなかったのかも。ストーリーがほとんど無いとこも辛かった。
おまけのショートムービーでナタリー・ポートマンのお尻が拝めるのは高ポイントw

  

ムーンライズ・キングダム

可愛らしく、わかりやすく、楽しい。主人公が子供たちなので一番入りやすい映画ではないかと思う。

 

グランド・ブダペスト・ホテル

これまでの映画とは違い冒険活劇になってるので入りやすい映画かも。アメリカで大ヒットしたのもわかるけど、結構エゲツないシーンもある。この作品と次の『犬ヶ島』はこれまでになかった政治的なメッセージが入ってて、監督の傾向が変わってきているように感じた。

ーーーーー 

町山さんらの解説を聞いていると、とにかく自分の好きなものを映画に詰め込んでいる監督というのがわかりました(ゴダールトリュフォーオーソン・ウェルズの映画などにも影響を受けてるそうなのですが、正直その辺の映画に疎いのでほとんどわかりませんでしたがw)。

 
で、そんな解説を聞いていて、ふと思ったのは、小学生の頃に好きなマンガをよく模写してた思い出です。
なぜ模写するのかというと、やったことある人ならわかると思うんですが、模写することで対象のマンガが自分のものになる感覚を味わえるんです。

マンガの単行本を買ったり、イラストを額縁に入れて飾っても、決して自分のものになった感はなく、結局満たされません。
でも、一生懸命似せようと模写してうまく描けるようになると、そのマンガ(キャラ)が自分のものになった感覚を味わえるんです。

たぶん、ウェス・アンダーソン監督も、映画の中に好きなものを詰め込むことで、自分のものしたかったんじゃないかなと、そんな気がしました。

それは、タランティーノスピルバーグなど、他の監督もみんなそうなんでしょう。でもただの真似で終わらずに、新しい何かに生まれ変わらせることができるところが凡人との違いなんでしょうけどね。

その差はもしかすると「どれだけその対象が好きなのか」という熱量の差なのかなと思います。

ウェス・アンダーソン監督は、その熱量が他の追随を許さないくらい半端ないのでしょう。そして、それに付き合うにはやっぱり相当面倒くさいんでしょうねw

ーーーーー

天才マックスの世界 [DVD]

天才マックスの世界 [DVD]

 
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ [DVD]

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ [DVD]

 
ライフ・アクアティック [DVD]

ライフ・アクアティック [DVD]

 
ダージリン急行 (字幕版)
 

 

 

 

2018東京観光日記 最終日のはずが…

ホントどーでもいいような絵日記を3つも続けてしまった。
これで最後。

 

さて、いよいよ東京を離れる日。
まずはサクッと起きて近くの湯島天神へ。
我が家には受験生の息子がおりまして、学問の神様、菅原道真さんに「はやく合格させてあげて〜!」と神頼み。

f:id:seymourgw:20180711221740j:plain

よくわからないけど8の字に輪っかをくぐると良いそうです。

f:id:seymourgw:20180711221656j:plain

『君の名は』のラストみたいな景色。あれは新宿のどこからしいですね。

と、ここでスカイマークさんからメールが。
「あなたが予約した本日の便は欠航になりました」

え、こんな天気いいのに?さっき神様にもお祈りしたのに?(ちょっと違う)。

もう、ここで放心状態です。帰る気満々だったので、欠航の時のプランなんてまったく考えてません。計画性のない場当たり的な性格がここで裏目に出ました。

スカイマークからのメールにはフリーダイヤルがあったのでかけてみたけど、まあ予想通りつながらない。駅までの帰り道、何度もかけてもつながらない。つながらない電話に案内するなー!

はぁぁ、しょうがない。もう少し東京観光していくかと、飛行機のことはいったん忘れて皇居に行くことにした。近いし。

そう言えば20年くらい東京&横浜に住んでたのに、皇居って一度も行ったことがない。
もっと言えば、霞が関丸ノ内、永田町(国会議事堂)って若い頃の自分にはまったく無縁のエリアだったのに。
トシ取るとなぜか興味が変わるんですね。去年行った寅さんの柴又がとても楽しかったので自分でもびっくりしたくらい。

そんなわけで一度くらい、自分の目で皇居を見ておくことにした。

で、二重橋駅ってとこで降りて愕然とした。
何ここ。広すぎる…。皇居ってあんな遠いとこにあるの?(写真は皇居側から撮ってます)

f:id:seymourgw:20180712222140j:plain

もう、昨日からずっと歩きっぱなしで足が痛くなって来てたので、このだだっ広い公園のような空間を恨めしく思いつつもなんとか到着。

f:id:seymourgw:20180711221649j:plain

二重橋を眼の前にして、急に思い出した。

そういえば自宅にあった古いアルバムに、両親が東京はとバスツアーで行った時の記念写真。まさにこの場所で並んで記念撮影した写真があったなーと。たぶん昭和30年くらいかな。きっとどの家庭にもありますよね。

外国人観光客だらけの中、やっと日本語を話す方を探して自分も記念撮影しておきましたw

帰りに公園の松の木の下の芝生で、寝そべってくつろいでいたら、急に飛行機の事を思い出す。ちゃんとキャンセル待ちの手続きしないとやばくないか?と急に不安になってまた電話してみる…………つながらないw

 

もういい。直接羽田に乗り込む!っと空港まで行って、カウンターのお姉さんに直接聞いてみた。
「明日も満席ですねー」
「(そりゃそうだろう)で、どうすればいいの?」
「明日、空港に来てもらってキャンセル待ちの受付してください」
「(まじ?わざわざ来たのに)今できないの?」
「ごめんなさい。明日5時からカウンター空いてますのでー」
「ご…5時…わかりました。何とかして来ます…」

もう精神的にも疲れ果て、このまま空港で明日の朝まで過ごそうか、と気分は『ターミナル』のトム・ハンクス
でも羽田の国内線ターミナルって閉まっちゃうんですよねーw。

 

どうしようかとウダウダとツイッター見てたら、江口寿史の個展が銀座でやってるという情報発見。また銀座かーと思いつつ、他に良い考えも浮かばなかったので逆戻り。

狭い狭い画廊でしたが、人がたくさんいて、その奥になんと江口寿史本人が座って似顔絵書いてる。ちょっと感動。来てよかった。

 

その後、ネットで調べて早朝便の空港行きバスがある蒲田へ。

f:id:seymourgw:20180712222132j:plain

蒲田って750ライダーの舞台だったんだ!全然知らなかった。今度来たときは色々探してみよう。ね、委員長。(読んでないとわからないw)

で、居酒屋でビール飲んだりスパみたいなとこで風呂入ったり、仮眠したりで早朝4時まで時間潰して羽田国際線ターミナルへ。
国際線は24時間あいてて飛行機待ちでベンチで寝てる人がいっぱい!トム・ハンクスがいっぱい。

そこから国内線行きの循環バスに乗り換えて、なんとかスカイマークのカウンターで手続きして、キャンセル待ちで無事に朝一番の便で帰ることができました!台風の影響でそうとう揺れたけど ね…。
お疲れ様!自分!

次は10月に法事で岩手に行くので(初の東北地方)、また旅行日記書けるといいなー。

ーーーーー

空港から出られない疑似体験したい方はこちらをどうぞ。

ターミナル (字幕版)

ターミナル (字幕版)

 

 
江口寿史は中学〜高校時代、大好きでした。
ひばりくんもパイレーツも好きだけど、特に好きなのがこれ。最近Amazonで古本買い直しました。

Go ahead (ジャンプスーパー コミックス)

Go ahead (ジャンプスーパー コミックス)

 

もちろん山下達郎のアルバム名から取ってます。

GO AHEAD! (ゴー・アヘッド! )

GO AHEAD! (ゴー・アヘッド! )