今日の経験値

主に映画の話。70〜80年代の映画やカルチャーを懐かしむことが多いかも。

観た映画:ゲット・アウト

ブレードランナー2049』観るぞー!と息巻いて映画館に到着したのだけど、なぜか急にこっちが観たくなって気がついたらチケット買ってたwブレードランナー2049ももちろん翌日観に行きましたが)

確か『アトミック・ブロンド』を観に行った時に予告編を見て、「何コレ?何だかよくわからんけど面白そう!よくわからないけど新しい感じ!」がずっと頭に残ってたので。
↓でもこの予告編じゃなかった気がする。

www.youtube.com

結論から言うと、相当面白い映画だった。
大作や話題作もいいけど、これくらいサクッと見られてスッキリ面白かったーっていう映画も久々な気がする。

前半はサスペンス要素が強くて、後半はホラーという感じなんだけど、町山智浩さんがホラーコメディって書いてるように全体的にどことなく恐いけど笑っちゃう的なおかしさが漂っている。
自分の感覚だととてもコメディとは呼べないけど、でもやっぱりあとから思い出すとちょっとニヤニヤしちゃう感じw

こういう映画は、なんにも情報を入れずに観たほうが絶対良いと思うので、ネタバレは書かないけど、気になる人は以下読まないでください。

実際自分もなんにも知らない状態で観に行ったので、最初の方はまったく何が起こるのかわからず、不穏な感じがずっと続いてドキドキ感がすごかった。

特に、主人公の彼女の実家の使用人の黒人の意味不明な不気味さと言ったらもう。
特に黒人女性の表情や見せ方がスバラシイ。あの表情(演技と言うか演出と言うか)はホントすごかった。
予告編にもあるけど、全力で走る黒人男性には驚きつつも笑っちゃったけどw

で、後半あるポイントから、ああそういうことか、と、この後の展開が想像できてしまう。そして思った通りの展開になる。
そこからはもうホラー(&ブラックコメディ?)全開で、ラストまで一気に見せてくれる。細かい伏線やオチもあったりして楽しめるんだけど、意外性という意味では後半はあんまり感じなかったかな。
でも、あの絶望感をあんな感じで映像化しているのは心底恐ろしかった。

この映画は人種差別問題を含めているのかもしれないけど、日本人から見たらあんまりピンとこないだろうし、コメディっぽくもあるので深刻なことは一切考えることもなく、白人サイテーとかいう感情も特に湧かなかった。

でも、黒人のしゃべり方とか人懐っこさとか、仲間意識とか、そういうのが最高!って最後には思えるようになっていて、それは、すべて主人公のお友達のあいつのおかげ。もしかしたらあいつが影の主役かもしれないw この映画で唯一ホッとできる存在です(笑)

 

観た映画:アトミック・ブロンド

公開が待ち遠しかったシャーリーズ・セロンの新作アクション! 

seymourgw.hatenablog.com

 いやー、良かった。これはオススメ。

ジョン・ウィックが好きならまず間違いなく楽しめるはず。
何しろ監督のデヴィッド・リーチさんはジョン・ウィックでも共同監督だったそうな(なぜかクレジットは無し)。

まあ当然ジョン・ウィックの女性版なんだろうな、くらいに思って観に行ったけど、思ってたより違うテイストの映画だった。

とにかくアクションがスゴイ!何かね、ものすごくハード!

ジョン・ウィックってファンタジー感が強くて、紙切れのように人がホイホイ撃たれていくので現実感が無いというか、笑っちゃう感じすらあるんだけど、この映画はもう殴るシーンを徹底的に見せつける。

圧巻は、秘密を握っているスパイグラス(「ワールズ・エンド」や「おみおくりの作法」に出てた気の弱そうなオッサン)をシャーリーズ・セロンが逃がす場面で、KGBとの格闘がものすごい。

予告編とかにもちょっとあるけど、ワンカメラでシーンの切り替えを極力無くしてのアクションは作り物感が無く、ホントにぶん殴って階段から転げ落ちて頭を強打しているように見えるし、シャーリーズ・セロンの美しい顔がもうボロボロw
かなり見ごたえのあるシーンだった。

でも、まあ完璧に面白かったというわけでもなく、前半はアクションシーンはあるものの予告編でも結構見せてるシーンだったし、展開が少したるいなーって感じるとこもあった。

あと、これはもうネタバレになっちゃうのであまり触れないけど、二転三転するストーリーは、面白いっちゃ面白いんだけど、正直「?」ってなるかもw

まあでも、シャーリーズ・セロンがスタントなしで体を張ったアクションは一見の価値あり。周りもジェームズ・マカヴォイジョン・グッドマンなど安定の俳優で固めているし。

映画はベルリンの壁が崩壊する80年代最後くらいの時代設定なので、音楽が80年代のヒット曲オンパレードでこれまた良かった!

ベルリンが舞台なので、ネーナとかドイツ絡みの曲とかはもちろんだけど、あの頃何気によく耳にしていた一発屋的な曲が次々と出てきて、わー懐かしい!感がハンパなかった。

特に懐かしかったのは、The Politics of Dancingという曲。これはよく口ずさんでいたなあ。


Politics Of Dancing- Re-Flex (HQ)

そういえばベルリンの壁崩壊の頃、自分は社会人になってすぐくらいだったはず。あの頃は仕事と遊びに夢中で政治情勢にはとんと疎い若造だったなあw
確かイカ天いかすバンド天国というTV番組)を毎週楽しみにしてた頃で、日本はバブル景気真っ最中だったんじゃないかな。自分はあまりバブルには関係なかったけどw

 

話は飛んだけど、シャーリーズ・セロンジョン・ウィックも80年代の軽い音楽も大好きな自分には(ちょっと難はあるけど)とても刺さる映画でした。

----------

思わずサントラ欲しくなったくらい、懐かしの音楽がとても効果的に使われてた映画だった。さすがにブロンディの銀河のアトミックはベタすぎたのか使われてませんでしたw 

Atomic Blonde (Original Motion Picture Soundtrack)

Atomic Blonde (Original Motion Picture Soundtrack)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Back Lot Music
  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

見た映画:ダンケルク

ダンケルク
最初、次のクリストファー・ノーラン監督の新作のタイトルと知った時、正直日本ではあんまりウケなさそうな印象だった。けど、さすが売れっ子監督!大々的に宣伝され、公開初週の興行収入はトップだったようだ。世界でももちろんヒット。

で、公開から3週間遅れでレイトショーで観に行ったけど、一番でかいスクリーンにも関わらず超ガラガラだったw
地方の映画館なんてホントこんなものだ。

www.youtube.com

以下、ちょっとネタバレっぽい感じで書いてるので観てない方はご注意を。

続きを読む